第三回 池田憲章の特撮研究
10月30日に行われた第三回池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。

第三回のテーマは 「ドラマを支える特撮」
e0095939_23453970.jpg
この日、地下劇場に入ったばかりの120インチスクリーンを使っての講座となりました。

MEMO・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.『サンダーバード』が日本へ与えた影響
『サンダーバード』は若いスタッフ達の挑戦であり、ドラマを支える特撮が主役となった作品である。その精巧な特撮技術は、円谷英二をはじめ日本の特撮界に大きな衝撃を与えた。

2.『007』の時代背景
BBCのラジオドラマから生まれた『007』が上映された時代とは、戦争が終わって自由な身分の科学者や技術者が世にあふれ出した頃であり、様々な新技術・新製品が開発された時代である。
怪獣大戦争の光線もキャバレーのネオンサインからヒントを得て作られたように、時代の流れと特撮技術の進歩は常に密接な関係がある。

3.人間の視点を意識した構図
合成に気付かないようなマットアートとは、誰かしらの視点を通して描かれているものである。反対に、不自然なものとは、絵がちゃんと作られているにも関わらず、客観的な絵葉書のような視点になってしまっている。
奥行きのある構図を作るのは簡単だが、本当に奥行きのある画面をつくるのはたやすいことではない。
ずっと平面の世界で戦ってきたアニメーションには、擬似立体の表現として学ぶべき部分があるだろう。『ハイジ』の製作に際し高畑勲、宮崎駿らがスイスまでロケハンに訪れたことは有名な話。しっかりした観察に基づいたものにのみ、リアリティーは生まれるのだ。

4.編集の力
編集の段階になって初めて気づくものがある。絵コンテをなぞっただけの編集では意味がない。コンテに書き込まれた“印象”を再現しなければ。


配布資料
■NHK新聞 [昭和34年12月13日]
■東宝スタジオ・メール [NO.708 東宝撮影宣伝課発行]
■出典不明プリント [THE Starburst Interview DEREK MEDDINGS]

e0095939_02691.jpg■STARLOG THE SCIENCE FICTION UNIVERSE THE FLY [MARCH #140 STARLOG PRESS]

e0095939_033960.jpg■CENTURY21 [NO.7 WINTER 1991]

e0095939_042851.jpg■FILMFAX PLUS

e0095939_05768.jpg■STARLOG [#139 FEBRUARY 1989]


次回第4回は11月13日(月)、テーマは「特撮の映像快感フィールド」。同じくアート・アニメーションのちいさな学校地下劇場にて行われます。

また、11月12日(日)から開催される第7回ラピュタアニメーションフェスティバル2006の一環として、第6回特撮研究「人形アニメの宇宙」がザムザ阿佐谷にて行われます。特撮と人形アニメーションの深〜い関係について迫ります。
[PR]
# by smallschool | 2006-11-07 23:43 | ★池田憲章の特撮研究
鈴木伸一ワークショップ
11月4日(土)開校記念講座「様々なアニメーション手法」の第2回、鈴木伸一さんによるワークショップが行われました。
e0095939_17591610.jpg
前半はアート・アニメーションのちいさな学校地下劇場にて、鈴木さんの解説付き上映。後半は学校の教室に移動しての「ものを蹴る」というアクションの作画ワークショップです。

13:00〜14:35 鈴木伸一作品上映製作裏話
14:35〜14:55 休憩
14:55〜18:00 ワークショップ

続きを読む
[PR]
# by smallschool | 2006-11-06 16:11 | ★様々なアニメーション手法
現代大津磨きの土壁ができるまで
着々と工事の進むライブラリー。
本日はその目玉のひとつ、大津磨きによる土壁の制作過程と、こちらを手がけてくださった小沼充さんをご紹介します。
e0095939_12335369.jpg
小沼充さん
水土グループの左官職人。
榎本新吉氏の教えを授かった。その「磨き」の技術は卓越したものである。伝統的な仕事から、曲面を描いた不思議な造形や、左官技法を用いた美術作品の制作など、実験的な左官の技法を積極的に行っている。他、左官技法の講習会や、住人参加で土を塗ったり、泥だんご磨きなど、左官の普及にも積極的に携わっている。

小沼氏が携わった仕事:
  サツキとメイの家
  カフェきょうぶんかん(銀座4丁目「教文館」ビル4F)
  青松寺
  他、光る泥だんご、磨きの講習など


大津磨きとは?
天然の土を塗り、磨いた壁のこと。技術的に大変難しいが、土のもつ柔らかい光沢を放つ、出来上がりの美しさは目を見張るほど。水が当たったり、人の手が触れたりしやすい(汚れやすい)場所の壁の仕上げとして、使われてきた。階段や廊下の場合は、通る人の着物が擦れて、自然に壁の手入れができる。

現代大津磨き
榎本新吉氏が考案した、大津磨きをさらに進化させて現代風なアレンジを可能にしたもの。土を塗り、乾かすだけで、まるで鏡のように光る壁ができあがる。天然の色土から様々な色を作りだすことができる。土の組み合わせによって作り出せる色は何万色にも及ぶ。

今回、小沼さんにしていただくのは「大津磨き」です。

制作過程を読む
[PR]
# by smallschool | 2006-11-04 18:51 | ★進捗状況
久里洋二ワークショップ
10月21日(土)開校記念講座「様々なアニメーション手法」の第一回、久里洋二さんによるワークショップが行われました。
e0095939_12404773.jpg
場所はアート・アニメーションのちいさな学校地下劇場。受講生は自分の描いたキャラクターを持ち寄ってのワークショップとなりました。

13:00〜14:00 久里洋二作品製作裏話
14:00〜14:30 休憩
14:30〜16:30 ワークショップ
16:30〜17:00 上参考作品紹介と質疑応答

MEMO・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.アニメーションにおけるキャラクターの意義
2.持ち寄られたキャラクターの講評
3.アニメーションと音楽
4.『11pm』について
5.フィルムとDVD

続きを読む
[PR]
# by smallschool | 2006-10-21 19:01 | ★様々なアニメーション手法
木・土・緑でつくるライブラリー
アート・アニメーションのちいさな学校には4つの教室があります。
1.スタジオ
2.劇場
3.教室
4.ライブラリー

2の劇場はすでに完成。先日は池田憲章さんの特撮研究もここで行われました。1.スタジオと3.教室は荷物が片づけられ、機材搬入の待機中です。

そして4.ライブラリー、こちらのテーマは【木・土・緑】
ただいま職人さんの手でかつての倉庫から居心地の良い空間へと生まれ変わろうとしているところです。
こちらの空間作りを設計、施工から左官までしてくださっている鈴木晋作さんについて少々...
e0095939_17371720.jpg


続きを読む
[PR]
# by smallschool | 2006-10-19 17:36 | ★進捗状況


2007年4月開校までの道のりをつづっていきます。

【アート・アニメーションのちいさな学校HP】

↓開校してからの学校日記です↓
【アート・アニメーションのちいさな学校だより】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31