カテゴリ:★池田憲章の特撮研究( 15 )
第十五回 池田憲章の特撮研究
6月4日の講座について池田憲章さんの書下ろしです。

第十五回のテーマは日本の現代特撮を支える技師集団

TV特撮の「流星人間ゾーン」「日本沈没」から東宝の特撮映画「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」「ゴジラ」(1984)「ゴジラ対キングギドラ」他、「ゴジラ/ファイナル・ウォーズ」の特撮カメラマンだった桜井景一さんをゲストに、オプチカル合成の時代からデジタル特撮のCGI映像の今日までの技術的変化、発生している問題点についてを話していただいた。大作映画だった「日本沈没」(1974)の中野昭慶特撮監督の直筆の絵コンテを見ながら、特撮シーンを解説。前半の山場になる潜航艇わだつみが出会う海底の乱泥流の特撮シーンの説明では、スモークをグレーにする工夫、ワイヤー消しの作業、海底のシワ状のトラッド・パターンの作製が大変だったこと、小プールとステージにスモークをたいて海中にみたてた水中シーンの映像設計、ドラマ部分のわだつみの船内セットのせまさをワイドレンズを使わずにうまく出している撮影テクニックに感心したことなど、カメラマンならではの視点を教えてくれた。

年末12月に公開される東宝、日本テレビの新潟の地震現場を題材に、愛犬が飼い主の老人と子供を助けた実話を映画化した作品で、東宝映像美術が特撮シーンを担当、6分の1サイズで崩れていく山崩れや実物セットと同じ民家、2分の1サイズで作られた小学校の内部をCGにたよらないミニチュア特撮の実在感を強く出した特撮をメイキング映像、テスト撮影で解説。東宝撮影所の第1ステージで約1ヶ月、新鋭の清水ディレクターが演出、桜井景一カメラマンが撮影を担当した。「緯度0大作戦」(1969)のミニチュア操演シーンを見ながら、桜井さんは「スタッフから聞いたんだけど、この水中シーンはミニチュアを撮影した後、全てのフィルムを巻き戻して、光のモジュレーションを仕掛けた水槽をダブラして撮影、光が上から入っている水面のキラメキをつけ加えたという。全カット明るさが統一されていて、とても高度な技術。失敗すればそのカットはだいなしな訳で、今やれるかというと考えてしまう。こういう技術が円谷英二さんはすごい」と話されていた。

撮影パートの仕事で、助手のチーフが露出を担当し、セカンドがフォーカス・マン、サードが機材とフィルムの管理、フォースが全体のアシストとビデオ・モニター(ビジコン)の操作とそれぞれの役割があり、その中で撮影テクニックを学んでいく。ビデオ撮影の場合、まったくこれが変わって、助手がビデオ・エンジニアで画面と画質をチェック、次がキャメラ・アシスタントと呼ばれ機材運び、その下は音声のチェック(これはドラマ部分)と助手の仕事自体が変わってしまうという話にはびっくりしてしまった。

TV特撮「超星神」シリーズでは、操演は外部の亀甲船(映画平成「ガメラ」3部作や「ウルトラマンティガ」「ダイナ」「ガイア」から「マックス」まで全てを担当)が手がけ、ワイヤーの吊りから火薬、噴射の特殊効果を担当すると解説した。現実の特撮の撮影現場の特撮スタッフの配置、動きが少し判ってもらえただろうか。

〈配布資料〉
「宇宙船」2000年 92号 「日本特撮2000 撮影監督の特集記事(インタビュー・構成・池田憲章)」
[PR]
by smallschool | 2007-07-17 19:20 | ★池田憲章の特撮研究
第十四回 池田憲章の特撮研究
5月21日の講座について池田憲章さんの書下ろしです。

第十四回のテーマは雨宮慶太監督のめざしたビジュアルSF

「未来忍者」「ゼイラム」と初期監督作品のオプチカル合成による画面エフェクトとアクション設計、その独特のアプローチを見てもらい、雨宮監督のスタート地点を確認してもらった。

雨宮監督自身が作製した2006年の最新TVシリーズ「GARO-牙狼」のVFXメイキングの素材映像→加工→コンポジット→完成画面のメイキング映像と同じくCGI映像のワイヤーフレームからテクスチャーを表面にはりこんだ加工作業、実写とのマッチングを見せていくCGI合成の完成シーンを一気に見てもらい、合成会社オムニバス・ジャパンによる日本特撮の最前線の技術と雨宮ワールドの奔放なビジュアルに満ちたイメージ設計を解説した。1981〜82年に合成会社のデン・フィルム・エフェクトに入社して学んだオプチカル合成のテクニックと光線作画のアニメ−ションの動きのおもしろさを語る雨宮監督のエピソードも紹介した。「GARO-牙狼」のダイナミックな音楽に合わせた特撮、CGIのミュージック・クリップのような軽快な映像(編集・雨宮慶太)で、効果音以上にドラマティックな特撮の映像快感が判ったと思う。

〈配布資料〉
雨宮慶太監督、竹谷隆之氏インタビュー 「コミックボックス」1998年1月号/日本特撮の現在の特集ページ
[PR]
by smallschool | 2007-07-17 19:13 | ★池田憲章の特撮研究
第十三回 池田憲章の特撮研究
5月7日の講座の模様を池田憲章さんの書下ろしでお伝えします。

第十三回のテーマは 山崎貴監督の映画宇宙

山崎貴さんは白組の島村達雄社長の下で映画やCFの合成パートの特撮マンとして個々の合成カットの演出を手がけていた。伊丹十三総監督の映画「スウィートホーム」(1984)のラストに登場する怨霊の夫人が浄化して赤ん坊を抱きしめて昇天していく重要カットを担当、情感あふれるエモーショナルな光と動き、解放感に満ちた名カットだった。山崎氏はやがて合成マンから映画全体の特撮ビジュアルとドラマ部分全てを演出する新しいタイプの特撮マンに成長していく。

白組と製作会社ROBOT(映画「踊る大捜査線」を製作した会社でもある)が長く企画し続けている特撮CG大作映画「鵺(ぬえ)」の原案・デザイン、VFX設計、監督に就任、その演出力を高めるために「まず映画を1、2本監督しておけ」とGOされたのが、劇場映画「ジュブナイル」と「リターナー」(共に山崎貴監督作品)である。

映画「学校の怪談」シリーズを手がけて大ヒットさせた柴崎幸三撮影監督との出会いが大きく、その適格なカット・ワークと山崎監督の特撮ビジュアルが、ナチュラルでドラマをふくらませるビジュアル連鎖を生んでいて、「ジュブナイル」「リターナー」「ALWAYS 三丁目の夕日」と一作ごとに成果のレベルを上げ続けている。特に「ジュブナイル」の撮影中に上田なりゆき照明監督から「CGにどういう照明を当てるか、考えている?俺ならここにCGのキャラが立っていたら、芝居、サスペンスに合わせて細かく照明演出するよ」と指摘され、「CGに照明設計を与えていなかった」と目が覚めるような体験をして、特撮マンとしてドラマティックさとサスペンスを上げる大きなヒントを手中にしていく。

白組はCFの合成でのうまさで知られた会社だったが、社内に今でも現役で稼働中のモーション・コントロール・カメラがあり、CFをスムーズに制作するために造型製作パートもあって、CGソフトのフォトリアリスティック・レンダ−マンや最新のハード・ソフトと、技術者の精鋭を養成し続けている。映画スタジオとしても高度の機能を持つ珍しい合成エフェクトの会社なのだ。

山崎貴監督の仕事を支えるCG、合成演出の技術スタッフが着実に育っていてくれるのが何より頼もしい感じだ。

「ALWAYS 三丁目の夕日」を見ると、昭和30年代の都電や古風な自動車が走る街並の情景や建設中の東京タワーのビジュアルが風景としてはっきり後景に押さえていて、ドラマ部分が前面に出て、グレードの高さに反比例するビジュアル映像の見せ方、演出の決断が絶妙だった。

宅間先生が飲み屋から焼き鳥をミヤゲに家へホロ酔いで向かい、暖かい光に満ちた家と奥さん、娘さんに出迎えられるシークエンスは、心理的な特撮カットともいうべき《悲しい現実と対比される》フィクション性を見せて、山崎貴監督のビジュアルだけに頼らない映像作家としての円熟を予感させ、CGカットを多用する他の特撮シーンとは一線をひくドラマティックなエモーショナル・カットだった。これからの特撮映画を考えた時、この視点はとても重要な部分である。

「三丁目の夕日」の続編では、どんなビジュアルと映画作家としての成果を見せてくれるか…そして、SFタッチを前面に出した新作企画を山崎氏自身が持っているというウワサもあり、ここ何年か押さえてきたSFビジュアルの爆発もひさびさに見せてもらえるのか、期待しておきたい。もっとも動向が注目される特撮マンの一人だ。

〈配布資料〉
雑誌『宇宙船』(2000年)春の号(92号)「ジュブナイル」の山崎貴監督インタビューと合成シーンのメイキング解析(池田憲章/取材・構成)
[PR]
by smallschool | 2007-06-06 23:25 | ★池田憲章の特撮研究
第十二回 池田憲章の特撮研究
4月23日に行われた池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。前回に引き続き池田憲章さんの書下ろしです!

第十二回のテーマは 樋口真嗣監督の特撮の新世紀特撮

樋口真嗣さんは何としてもプロの特撮現場に参加したいと考え、1984年東宝の新作特撮映画「ゴジラ」(中野昭慶特撮監督)の特撮美術班の助手になり、劇場特撮の作品作りを体験する。その後GAINAXのアマチュア特撮の8ミリ映画「ハヌの大蛇の逆襲」の特撮美術と演出を手伝い、GAINAXの友人たちが挑んだビデオ・アニメ「トップをねらえ!」、TVアニメ「ふしぎな海のナディア」の絵コンテに参加する。

1988年実相寺昭雄監督の「帝都物語」の特撮パートを演出する大木淳吉氏から特撮シーンを中心にしたイメージ・シーンや絵コンテを自由に描いてほしいと依頼され、25歳の樋口氏はさまざまなビジュアルのアイデアを描き上げた。しかし、まだ合成もオプチカルの時代、その画面イメージは奔放すぎてあまり画面に反映されなかった。だが、大木氏は樋口氏を次の時代の特撮演出に育てたいと考え、映画「超高層ハンティング」「未来の思い出」「ウルトラQザ・ムービー/星の伝説」「大霊界」と次々にイメージボード、絵コンテを描かせ、美術スタッフとしても特撮現場のスタッフに参加させた。

やがて「帝都物語」で知りあった特殊メイクの原口智生氏が初監督するオリジナルの特撮ビデオ作品「ミカドロイド」の特技監督を担当して、特撮演出デビューを果たす。桜井景一特撮カメラマン、林方谷照明監督、水野伸一美術監督の特撮スタッフがその画面を支えた。一方、TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(庵野秀明総監督)の絵コンテ・メンバーとして活躍、盟友庵野作品の大ヒットに貢献した。アニメと特撮の両方のアプローチから絵コンテ、ビジュアル設計を続けてきたため、樋口監督の映像にはマスター・カットとそれをフォローするカットの連続設計ではなく、全カットを同時に脳内にイメージするようなカット同士が互いに支え、刺激しあう独特のマルチ・モンタージュの効果を出す性格が出ていて、それは「ガメラ大怪獣空中決戦」(金子修介監督)以降の平成ガメラ3部作の中で、1作ごとにステップアップし、前作のビジュアルを常に凌駕する画面を生みだそうとして、その現場の緊張感、アイデアの模索がビジュアルの中に満ち満ちていた。

平成ガメラ3部作を中心に、斬新なカット設計とそのメイキングに触れたムック本の絵コンテ、インタビューを紹介し、樋口監督の演出テクニックを解析した。

樋口監督が次第に作品全体をコントロールして、さらに特撮ビジュアルを効果的に突出させたいと考えるのも道理で、「ローレライ」「日本沈没」と人間のドラマ部分と特撮を1人で監督する道へと進みはじめる。山崎貴監督と比べた時、特撮とドラマ演出とは何か…と特撮マンが進む方向としてとても興味深い。樋口監督は、今自分を特撮も撮れる映像作家としてプロデュースする段階に入ったのだ。

デジタル合成のエキスパート松本肇氏や同じ会社モーターライズの同僚でアニメ、特撮、ゲームの多彩なCG合成を手がける俊英佐藤敦紀氏、神谷誠特撮監督、操演、火薬効果の亀甲船の根岸泉氏、特殊メイクの原口智生氏、尾上克郎特撮監督と特撮研究所のミニチュア撮影、照明、美術、操演、合成クルーと樋口特撮を支える技術スタッフとのコンビネーションも1作ごとに厚みを増している。特撮マンが自分をどうプロデュースしていくかの新タイプのディレクターである。

参考資料も使って、スタッフから聞いた撮影現場のエピソードもお話したが、樋口演出については単行本化されているTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の絵コンテも読んで、特撮のビジュアル設計と技術検証するとその発想法が見えてくるかと思う。

〈配布資料〉
平成ガメラ3部作のムック本、研究本の特撮(主に合成、CGシーン)の絵コンテから撮影CG、完成画面の解説ページをコピーして配布した。
[PR]
by smallschool | 2007-06-06 23:19 | ★池田憲章の特撮研究
第十一回 池田憲章の特撮研究
4月9日に行われた池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。
いよいよ特撮研究後半のスタート。今回の記事は池田憲章さんの書下ろしです!

第十一回のテーマは 佛田洋監督の多彩な特撮演出

2007年放送中のTV特撮「仮面ライダー電王」「ゲキレンジャー」を例に、イメージからビジュアルとして全く新しい映像を次々と生んでいく佛田特撮監督の発想法を明かしていく。

・映画「仮面ライダーファイズ/パラダイスロスト」
デジタル、CG、ハイスピード撮影、ミニチュア撮影でカットのマテリアルと編集のマッチングを上げていくテクニックを上映して、分析。特撮研究所のデジタルテクニックのパワーを見てもらった。

・映画「男たちの大和」
『CGではなく、東宝流のプールの船特撮もNO!』という佐藤純彌監督の指示に、8m近い戦艦大和の精緻なミニチュアを造型会社マーブリングに発注。攻撃するアメリカ海軍のコルセア、アベンジャ−ズの航空機ミニチュアはヒルマモデルクラフトに発注。操演でワイヤー操作するミニチュアの航空機は画面の真ん中ではなく、翼の端が映るぐらいで良いとスタッフに指示。画面の中をブレながらよぎる航空機の迫真的なスピード感が大和乗員の攻撃される側の恐怖を生みだしていく。ドラマ部分の撮影を担当する阪本善尚撮影監督、戦闘シーンの血しぶきあげ死んでいく兵士を撮り続けたセカンド・ユニットの撮影江原祥二氏、佛田特撮演出のブレて短くドラマティックに撮られた大和や米軍機の特撮カットのリズム感の違いが〈戦場の混乱した視線〉を生みだしたのだ。それが特撮の狙いだった。
佛田特撮監督の特撮研究所の撮影現場のエピソードもこまかくお話しました。
(配布データ)
「宇宙船」「仮面ライダーファイズ/パラダイスロスト」特撮カメラマン、合成カメラマン座談会と画面分析(池田憲章構成によるもの)
[PR]
by smallschool | 2007-05-14 19:47 | ★池田憲章の特撮研究
第十回 池田憲章の特撮研究
2月26日に行われた池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。全20回のこの講座もようやく前半の終了です。(第九回は変則で11月22日に行いました)

第十回のテーマは 円谷英二の特撮宇宙10本

今回はなんと『ゴジラ』のDVDを見ながら、池田さんが自らが書き起こしたカット割りが配布資料として配られました。
e0095939_12274555.jpg
カット割りから演出が見えてくる。DVDを買って安心しないように!
技法と技法に隠された意味を読み解く、それが映画を読むということだ。

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-03-02 12:27 | ★池田憲章の特撮研究
第八回 池田憲章の特撮研究
第八回のテーマは「映画的な特撮の考察」です。

「映画的な特撮」とは、映画を成立させるための特撮と、池田さん。
今回は様々な作品について触れながら、映画と特撮の多様な関係について
お話して頂きました。当日の話のなかの断片をメモがきにしました。

『詩人の生涯』
  • アニメーションが技法を選ぶときのテーマとの密着感は普通の映画ではなかなかたどり着けない域に達したものである。
  • 安部公房の作品は輪廻性のように、始まりと終わりが不思議な形で閉じている面白さがある。それは特撮世界が壁にぶちあたったとき、力を貸してくれるものでもある。

『市民ケーン』
  • 導入部は随所に合成とニュース映画風にしたてたフェイクがちりばめられ、何が現実で何がそうでないのかわからない趣向。公開当時、どうやってつくられたのかとプロの撮影者達から注目された。


続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-02-16 19:17 | ★池田憲章の特撮研究
第七回 池田憲章の特撮研究
1月29日に行われた池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。
執筆者が風邪に倒れたため、だいぶ日にちが空いてしまい、申し訳ありません。

第七回のテーマは 映画史上の傑作10本とTV10作品(後編)

前編では、映画のトータルデザインを行うプロダクションデザインの大切さに触れました。
今回は以下の3点の視点からプロダクションデザインにさらに迫りました。
■007シリーズ タイトルデザインに見るプロダクションデザイン
■本編と同化し“恐怖”を演出する特撮―ヒッチコック作品から
■『風と共に去りぬ』に見るカラー映画の始まり

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-02-15 12:37 | ★池田憲章の特撮研究
第六回 池田憲章の特撮研究
1月15日(月)に行われた第六回池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。

第六回のテーマは 映画史上の傑作10本とTV10作品(前編)

昨年は5回に渡って入門篇をお送りしてきました。
本年はいよいよ、教養篇:知っておきたい特撮映画・TV50本の開始です。
特撮がもつ表現の幅の広さが伝わるように、と選ばれた50本です。

MEMO・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プロダクションデザイン、トータルデザインという概念の重要性
美術は時として特撮以上に画面のイメージを決定付けるものである。『007』シリーズのケン・アダムスは、映画全体の方向性を美術の観点から決定していったプロダクションデザイナー。
日本の場合、このようなトータルデザインを行う人が本編側でなかなかでてこない。成田亨さんがはじめて特撮の美術から本編まで含めたトータルデザインを行った。

最近では、アニメーションの方が美術によるトータルデザインの力強さがある。

CGが多用されるこれからの特撮の課題は、まず自分のつくりたいものをどのようなスタイルでつくるのかはっきりさせるということだ。リアル=ベストではないという自覚を持つことが必要だ。

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-01-15 23:00 | ★池田憲章の特撮研究
第五回 池田憲章の特撮研究
11月27日(月)アート・アニメーションの地下劇場で行われた第五回池田憲章の特撮研究の様子をお伝えします。

第五回のテーマは 特撮の限界を見つめて

MEMO・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.限界を知ることで限界は越えられる
まず手持ちのカードを知ること。現状の技術でどこまでの表現が可能かを判っていなければ、新しい画面作りは生まれない。
たとえば、
・炎の性質、炎を操る技術の限界を知っている
 →地面をなめる炎を撮るには、上へ向って燃え上がる炎を逆さに撮影すればよい(円谷英二)
・ブルーバックでは青みをもつ被写体も一緒に抜けてしまう
 →オレンジバックで撮影すればよい
・セットだとホリゾントの高さが限られ、通常のカメラ位置からうつせる“あおり”に限界がある
 →地面に穴を掘ってホリゾントをみえなくして、“あおり”画面を作る(大映)
...etc

2.素晴らしい!とうならせる連続カット
編集は、演出の限界を越えていく非常に有効な手段。イギリスやアメリカのテレビドラマのオープニング、エンディングのカットワークはすばらしい!連続カットで魅せるというのは、1カットにつめこみすぎる傾向のなかで、まれ。設計力、意味づけの力が問われる。すぐれたカットは映像だけで成立できる。台詞はいらない。

3.オールロケーションはTVからはじまった
それまでの常識を一気に撃ち破ってしまうような新しい波が現れることがある。その裏では必ずなにかがおこっている。そのような分岐点に素早く気付けるような肥えた眼で作品と向き合うことが必要だ。そうしなければ、特撮はただ技術を見せつけるだけの技術となり、何の感動を生み出さなくなってしまうだろう。

4.ドラマづくりがこれからの特撮の課題
CGはどんな画面作りも可能にしてしまう道具だ。だからこそ気をつけなければならない。スタイルは重要だが、逆にその表現のもっているあつみをわざとうすくする必要がある、ということも知っておいてほしい。どうしたらよりドラマチックに展開していくか?人間の心情をいかに描き出していくか?という部分にデジタル技術をもっと用いれば、特撮の未来は開けてくるだろう。

配布資料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■STARLOG [JUNE1977 number6 p.19〜25,p.54〜56]
ロバート・ハインラインが語る『月世界征服』企画の意図
■月曜ドラマスペシャル『子どもが消えた』ロケーションコンテ [p.104〜105,p.108〜109]
■録音「ガンマー第三号」の録音を担当して 渡辺義夫 [no.25 昭和43.3]
■録音「ガンマー第三号」のダビングを終えて 渡辺義夫 [no.26 昭和43.5]
■録音「緯度0大作戦」について 藤好昌生 [no.32 昭和44.5]


年内最後となった特撮研究。5回に渡って行われてきた入門篇も、今回で最後の回ともなりました。
2007年からはいよいよ教養篇「知っておきたい特撮映画・TV50選」が始まります。「よくできた作品をとにかくみること!」という池田さんの言葉通り、作品づくりの秘けつをとことん見ていく予定です。
年明け最初の特撮研究は1月15日(月)第六回映画史上の傑作10本とTV10作品(前編)。
入門篇には参加してないけど・・・という方も、ぜひ貴重な特撮作品の数々を見におこしください!
[PR]
by smallschool | 2006-11-27 14:41 | ★池田憲章の特撮研究


2007年4月開校までの道のりをつづっていきます。

【アート・アニメーションのちいさな学校HP】

↓開校してからの学校日記です↓
【アート・アニメーションのちいさな学校だより】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30