カテゴリ:★様々なアニメーション手法( 11 )
片渕須直ワークショップ
3月3日に行われた、様々なアニメーション手法ワークショップ最終回、アニメーション監督片渕須直さんの回の様子をお伝えします。
e0095939_19355428.jpg
脚本、演出、監督という立場からアニメーションに関わってこられた片渕さんの、絵コンテにこめる熱意が伝わってくる回となりました。

1.コンテとは?
2.1カットにどこまでこだわりを持てるか?
3.絵コンテにおいて、カットはいかにして切られるべきか?
4.試行錯誤は最後まで放棄しない
5.絵コンテは、合作ができる

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-03-07 19:36 | ★様々なアニメーション手法
島村達雄ワークショップ
島村達雄ワークショップ

2月17日(土)に行われた島村達雄さんによる、様々なアニメーション手法ワークショップの様子をお伝えします。(予告編はこちら)

13:10〜15:00 トーク&スペシャルメイクアップ実演
15:00〜15:10 休憩
15:10〜17:00 トーク&スペシャルメイクアップ撮影

島村さんと一緒に白組スタッフがお越しくださり、スペシャルメイクアップの実演〜撮影までを見せてくださいました。島村さんが現在製作中の自主作品『江戸東京疾走する巨人』のワンシーンとして実際に使われるシーンがその場で撮影まで行われました。
e0095939_17541711.jpg
e0095939_17525768.jpg
・白組経営者
・学校の先生
・映画プロデューサー
・企画演出
・アーティスト
という5つの顔をもつ島村さん。話はコンピュータ進化の歴史、美術史の変遷、商業アニメとアートアニメーションの相違点、コマ撮り原理主義とスペシャルメイクアップ、白組経営、自分の生きてきた時代というものを見つめなおして……などなど実に多岐にわたりました。

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-02-19 13:36 | ★様々なアニメーション手法
大地丙太郎ワークショップ
今回、執筆者が風邪に倒れ、遅ればせになってしまいました。申し訳ない限りです。暖かな日が続いておりますが、みなさんもどうか、お体と温暖化に気をつけてお過ごしください。
-------------------------------------------------
1月27日に行われた大地丙太郎さんによる様々なアニメーション手法ワークショップの様子をお伝えします。

13:00 〜 15:30 トーク
15:30 〜 16:30 Q&A
16:30 〜 19:30 大地さんを囲んでの懇親会
e0095939_15212280.jpg
前日に『おじゃる丸』の新エンディングテーマのレコーディングに参加した際、喉を痛めてしまったという大地さん。
「本当は大きな声ではしゃぎたいんだけど、今日はおとなしくここから話させてもらいます。ワークショップのあとは宴会にでもしたかったんだけど、この体調なので、ちょっとしたお菓子でも食べながら話しましょう」と3時間半のワークショップにひきつづき3時間の懇親会まで開いてくださいました。

事前に予定していたワークショップのテーマは「日本のアニメのここがダメだ!あらゆるパートをダメ出しします」とのことでしたが、「やっぱりアドリブで話させてもらいますね」とのこと。きちんと何かを用意して話すよりもアドリブの方が得意だという大地さん。
かのアインシュタインも形式ばった大学の授業を否定し、教壇に立ったその日に講義のテーマを決めていたとか…そんなエピソードが頭をよぎりました。

3時間半+3時間、アドリブから飛び出したとは思えない豊富なお話をお聞きすることができました。
1.学校をもとに “教えること”と“学びとること”
2.の大切さ
3.モットーはサービス精神 『十兵衛ちゃん』を軸に
4.日本アニメのここがダメだ!
5.大地流ギャグ、笑いをベースにしたアニメの作り方

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-02-16 11:21 | ★様々なアニメーション手法
島村達雄ワークショップ予告
今週土曜、2月17日の様々なアニメーション手法ワークショップに向けて、講師の島村達雄さんとの打ち合わせ内容を少し公開させていただけることとなりました。
「たとえば、こんなことを話してみたらどうかな?」とかかれたのが下のメモ。実際どんな話になるかはお楽しみに…。
さらに、当日は白組の方々も一緒に、スペシャルメイクアップの実演も見せてくださるそうです!
どんなワークショップになるのか、待ち遠しい限りですね。
-------------------------------------------------

現在、自分自身が直面しているアニメーションに関する諸問題

1.アニメーションの定義
DI(デジタル・インターメディエット)とポストプロダクション
(実写映像を1コマ単位で画像処理)
リアルタイムレンダリングとインタラクティブコンテンツ
モーションキャプチャー
物理シュミレーション、モーションダイナミクス

2.メディアミックスの時代
映画、テレビ、パッケージ、web、携帯、展示、ゲーム

3.ITイノベーションと映像関連技術
作品別ホームページでの制作管理
ネットワークレンダリング
データサーバーとバックアップシステム

4.グローバル化が進む市場主義経済下のアニメーション制作
制作、配給、興行、放映、配信、販売、ライセンス、
資金調達と利益還元(制作委員会、コンテンツファンド、SPC、)
制作現場(下請け構造)の疲弊、海外移転

5.集団性制作とプロダクション経営
150の個性と300の「ひとみ」。
チームワークに始まりチームワークに終わる
学校教育と社員教育の決定的な違い
労働集約型産業と法令順守
装置産業化が進む設備投資の重圧

6.歴史に学ぶ
作品は誰れのために、何の目的で作られる

依頼主-製作者-観客 の相関関係を考える

①アレクサンドロス大王、古代ローマ皇帝、カトリック教皇、メディチ家、ルイ14世、ハップスブルグ家、フランス革命、へと続く、イギリスの産業革命以前までのヨーロッパ・地中海地域・3000年の歴史にみる、美術・音楽の庇護者・発注者と受け手の相関関係
発注側=皇帝、国王、法王、豪商、、商工業者、資産家
受け手側=支配地域の有力者、王侯貴族、他国の使節団、商売の取引相手、上位の信者、上流階級

②ヨーロッパ19世紀
ファイン・アートの誕生と国民国家の時代

国立劇場、国立美術館、国立美術学校、国立音楽学校
画商、画廊、コンサートホール、放送局、市立交響楽団、
美術印刷、レコード

③20世紀アメリカ・ヨーロッパ
ニューヨーク近代美術館の誕生(1930年代)
絵画の破壊と前衛美術、実験映画、工業デザイン、商業デザイン
モダンジャズ・ロック・ヒッピー・サイケデリックアート・ベトナム戦争・反体制運動(1960年代)

フランス・ポンピドゥーセンターの誕生(1970年代)
写真、映画、メディアアート

ベネチア ヴィエンナーレ、カンヌ映画祭、アカデミー賞、アヌシー、
(新しい権威主義)

7.創作についての哲学

アートアニメーションとは何か。
カナダNFBと社会主義国家体制下のアニメーションスタジオの成果

<個人的な視点>
商業作品では表現できない領域。
誰のために作るか。誰のためでもない自分自身の内なる欲求。

50歳を過ぎて、どうしても作りたいもの(世界)が見え始めた。
「見えた」といっても具体的な道程や目的地ではなく、はるか遠方に姿を現した未登頂の山の頂のようなものに過ぎない。地図を作り、橋をかけ、トンネルを掘って進むしかない。年齢を考えずに目標を高く設定しているために、登頂に成功する確率は少ない。それでも近くて低い山では意味が無いのだから仕方が無い。
現世で認めてもらいたいと思わなくなる心境。
後世の厳しい評価を意識することによる「緊張感」。際限なく手を加えたくなる心理。

-------------------------------------------------
たくさんのキーワードから、みなさんはどんなお話を想像しましたか?
長年、様々な角度からアニメーションに関わり続けてきた島村さんならではの、とても濃い内容となりそうですね。

定員にはまだ若干空きがあります。お申し込みフォームはこちら
[PR]
by smallschool | 2007-02-14 13:49 | ★様々なアニメーション手法
古川タクワークショップ
1月20日に行われた古川タクさんによる様々なアニメーション手法ワークショップの様子をお伝えします。

13:00 ~ 14:40 製作秘話、トーク
14:40 ~ 15:00 休憩
15:00 ~ 16:30 驚き盤ワークショップ
e0095939_11211963.jpg

作家としてアニメーションを作り続けているタクさん。
教鞭をとられている東京工芸大学では、日々学生と接し、新しい感性の誕生を見守り続けてきました。
そんなタクさんだからこそ、気づいたこと。いま、そしてこれからアニメーションを作る人々へのメッセージが伝わってくる内容となりました。

1.アニメーションと音楽
2.フィルム時代の潔さを
3.“表現”としてのアニメーション

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-01-20 16:30 | ★様々なアニメーション手法
石之博和ワークショップ
1月13日(土)に行われた様々なアニメーション手法ワークショップ石之博和さんの回の様子をお伝えします。

13:00 〜 15:00 石之博和作品製作裏話
15:00 〜 15:30 休憩
15:00 〜 17:30 ワークショップ
e0095939_12353418.jpg
子供の頃はテレビアニメの放映がまだ始まっていなくて、目にしたアニメといえば、ディズニーのワンワン物語や、トムとジェリー程度。アニメよりも手塚治虫のマンガに夢中だった。特別絵が上手な子供というわけではなかった、という石之さん。アニメーションの道を志したのは、やはり手塚治虫の影響で、虫プロダクションに入りたい、という気持ちからだったそうです。

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2007-01-13 12:33 | ★様々なアニメーション手法
真賀里文子ワークショップ
真賀里文子ワークショップ

12月23日(土)に行われた様々なアニメーション手法ワークショップ、
真賀里文子さんの回の様子をお伝えします。

場所はアート・アニメーションのちいさな学校教室。
参加人数は定員を上回るなんと51人です。
できるだけ多くの方にご参加いただこうと教室に入る限りの椅子を入れました。
惜しくも参加できなかった方にも、こちらのブログから様子をお伝えできたら、と思います。
e0095939_16473576.jpg

ワークショップでは実際に人形を使って、1人1秒の人形アニメーションを作りました。

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2006-12-23 16:43 | ★様々なアニメーション手法
保坂純子ワークショップ
保坂純子ワークショップ

12月10日(日)開校記念講座「様々なアニメーション手法ワークショップ」保坂純子さんの回が開かれました。

数々の作品の人形製作を手掛けてきた保坂さんのお話を直接お聞きできる貴重な機会、会場である学校の地下劇場には多くの方々がご参加くださいました。
e0095939_12502143.jpg

13:00〜14:00 上映&解説
14:00〜14:30 休憩(人形に触らせていただきました)
14:30〜16:30 上映&解説

60年代、アメリカとの共同製作として始まった『ピノキオ』のため、8班120人ものスタッフが集まりました。

この『ピノキオ』の製作現場こそが、保坂さん、真賀里さん、及川さんなど、のちに多くの素晴らしい人形アニメーションをつくり出すスタッフが「仲間」として出会った最初の場所でした。
保坂さんは、はじめ人形座という人形劇の劇団で人形を作られていました。しかし、人形アニメーションに出会い、「カメラとは、こんなにも素材を浮き彫りにするものなのか」という強い衝撃から「カメラの写し出す素材のマチエールのすごさ」に見入られた保坂さんは、アニメーションのための人形作りの道を歩みはじめられたそうです。「いつでも素材のことを頭に入れておくのは、美術家として大切なこと」と語られる保坂さん、本当に様々な素材で多くの人形を作ってこられたことが、ひとつひとつの作品と、それに添える愛情溢れる保坂さんのお話から伺えました。

続きを読む...
[PR]
by smallschool | 2006-12-10 12:47 | ★様々なアニメーション手法
小林準治ワークショップ
11月18日(土)開校記念講座「様々なアニメーション手法」の第3回、小林準治さんによるワークショップが行われました。

前半はアート・アニメーションのちいさな学校地下劇場にて、小林さんの作品解説。後半は教室に移動してのワークショップです。

13:00 〜 14:30 小林準治作品製作裏話
14:30 〜 14:50 休憩
14:50 〜 17:30 ワークショップ

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2006-11-18 15:03 | ★様々なアニメーション手法
鈴木伸一ワークショップ
11月4日(土)開校記念講座「様々なアニメーション手法」の第2回、鈴木伸一さんによるワークショップが行われました。
e0095939_17591610.jpg
前半はアート・アニメーションのちいさな学校地下劇場にて、鈴木さんの解説付き上映。後半は学校の教室に移動しての「ものを蹴る」というアクションの作画ワークショップです。

13:00〜14:35 鈴木伸一作品上映製作裏話
14:35〜14:55 休憩
14:55〜18:00 ワークショップ

続きを読む
[PR]
by smallschool | 2006-11-06 16:11 | ★様々なアニメーション手法


2007年4月開校までの道のりをつづっていきます。

【アート・アニメーションのちいさな学校HP】

↓開校してからの学校日記です↓
【アート・アニメーションのちいさな学校だより】
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30