カテゴリ:未分類( 7 )
作品募集のお知らせ
海外のアニメーションフェスティバルから、作品募集のお知らせをいただきました。
締め切りまであとわずか!ではありますが、興味をもたれた方は応募してみてはいかがでしょうか?
e0095939_16324557.gif
当方は在USAのプラットフォーム国際アニメーションフェスティバル実行委員会広報担当です。

2007年6月25日−30日に国際アニメーションフェスティバルを、米国オレゴン州ポートランド市にて開催いたします。

それに先立ち、フェスティバル出品の作品を下記により募集いたします。

応募いただいた作品の中で優秀作品には賞金が与えられます。多くの方の応募をお待ちしております。

なお期間中、プレミア上映会も予定しておりますので、ご関心のある方は、お問い合わせ下さい。

日本語広報担当 青木みか


プラットフォーム国際アニメーションフェスティバル

アメリカオレゴン州ポートランドにて、2007年6月25−30日開催

カテゴリー

■ ショートアニメーションフィルム

■ コマーシャル、ミュージックビデオ、及びテレビ用に作成されたアニメーション

■ ネットおよび携帯用に作成されたアニメーション

■ アニメインストレーション


プロ、アマを問わず個人、制作会社、または学生の方々、ご応募下さい。応募は無料です。


コンペ応募期限

■ コンペ応募、およびプリセレクション資料提出締め切り 2007年3月1日

■ 但し、アニメインストレーション申し込みは締め切り 2007年2月1日


応募用紙のダウンロード、および詳細はwww.platformfestival.com をご参照下さい。

なお、プリセレクション資料は返品されませんのでご了承下さい。


賞金総額:$50,000以上

(Grand Prix$15,000、学生Grand Prix $10,000、他)


プラットフォーム国際アニメーションフィスティバル

5411Camellia Ave., North Hollywood, CA 91601, USA

Office: 818-508-9186 (USA) Fax: (818)-508-9188 (USA)

url: www.platformfestival.com
e-mail: contact@platformfestival.com

日本語でのお問い合わせは, mika@platformfestival.comまで。

*メールのみでの、お問い合わせとなりますので、ご了承下さい。


[PR]
by smallschool | 2007-02-28 00:28
ラジオ放送のお知らせ
アート・アニメーションのちいさな学校がNHKラジオ深夜便で紹介されます!

NHKラジオ第一
1月22日(月) 23:40〜(10分程) 映画・アニメ文化を支えたい(1) 
1月23日(火) 23:40〜(10分程) 映画・アニメ文化を支えたい(2)
1月24日(水) 23:40〜(10分程) 映画・アニメ文化を支えたい(3)
1月25日(木) 23:40〜(10分程) 映画・アニメ文化を支えたい(4)

番組表はこちら→ラジオ深夜便番組表

ラピュタアニメーションフェスティバル事務局長の才谷のないとエッセーです。
ラピュタ阿佐ヶ谷をつくる経緯から学校誕生まで、HPではなかなか上手にお伝えできなかった部分が見えてくるかもしれません。皆さん、ぜひ22日〜25日の深夜はラジオに耳を傾けてみてください。
[PR]
by smallschool | 2007-01-15 18:21
謹賀新年
e0095939_12334755.jpg

アート・アニメーションのちいさな学校事務局は1月5日(金)より運営を開始いたします。
[PR]
by smallschool | 2007-01-01 00:00
年末のご挨拶
年末のご挨拶を申し上げます。

今年も残りわずかとなりました。
いつもブログを見て下さっている方、ワークショップに参加された方、学校見学にいらした方、ボランティアスタッフとしてご協力くださった方、そして講師の先生方、アート・アニメーションのちいさな学校に携わる全ての皆様、今年1年本当にありがとうございました。

アート・アニメーションのちいさな学校は2007年4月に開校いたします。年明けからはいよいよ生徒募集が始まり、開校へ向けた大詰めを迎えます。2006年は開校へ向けての準備に奔走した年となりました。

9月に始まった「池田憲章の特撮研究」に続き、10月からは「様々なアニメーション手法ワークショップ」が開始。11月にはラピュタ・アニメーションフェスティバルと併せて「人形アニメーター真賀里文子の全貌」展、トークショー、さらに12月5日にはユーリー・ノルシュテイン氏を招いての質問会を開催いたしました。

12月に入ってからは、次々と新聞など各メディアに取り上げられ、地道な活動の成果が実感できるようにもなりました。
一部ではありますが、web新聞掲載へのリンクをご紹介します。
毎日新聞ユニバーサロン
東京新聞---体験で学ぶ 『アニメとは』
2007年はこの一年の努力が素晴らしい形で実るであろうことを祈っております。

アート・アニメーションのちいさな学校事務局は2007年1月5日(金)より仕事始めとなります。

それでは皆様良いお年をお迎え下さい!
[PR]
by smallschool | 2006-12-28 12:32
訃報
「アート・アニメーションのちいさな学校」講師の三木宮彦さんが、12月11日にお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

-----------------------------------------------------------
三木さんは自由人だった。

毎年ゴールデンウィークの過ぎた頃、一ヶ月程ヨーロッパを旅するのが習慣だった。昨年の春は自転車でヨーロッパを廻った。一度、三木さんについて旅をしたかった。

数ヶ国語をあやつり、いろんなものに興味をもった。ベルイマンの研究家でもあり、黒澤明論を訳し、ジャンヌ・ダルクの本も書いたし、コミケに毎回顔を出してはおもしろい同人誌を買ってきてた。

この“学校”についても早くからの理解者だった。
今年の春、三木さんは言った。
「理想はルネサンス期にあったサロンだね。」

合掌。

アート・アニメーションのちいさな学校
事務局長 才谷 遼
-----------------------------------------------------------

アート・アニメーションのちいさな学校事務局
[PR]
by smallschool | 2006-12-18 16:46
杉並アニメーションミュージアム
すっかり秋も深まってきた日曜日の午後、学校スタッフ三名で杉並アニメーションミュージアムを訪れました。

こちらの館長で、学校講師陣の1人でもある鈴木伸一さんに「CLAY TOWN」というコマ撮りソフトや、撮影台についてご説明いただきました。
e0095939_1432211.jpg
撮影台の説明をしてくださっている鈴木さん

その他、11/4に行われる開講記念・特別講座の打合せ、学校の方向性になどについてお話ししました。

ミュージアムでは、日本のアニメーション史を丁寧に追った年表や、アニメ制作の流れ、デジタル工程の紹介などが、フィギュアや作業机の再現などを交え、ユニークに親しみやすく展示されています。アフレコ体験やアニメの制作体験ができるスペースも設けられ、またライブラリーには豊富な書籍、DVDが置かれていました。館内のいたるところでスタッフの方が親切に案内してくれます。

地元の小学生のなかには、毎日のようん学校帰りに寄ってくる子もいるそうです。
我々学校スタッフも夢中になって展示に見入ってしまいました。アニメーションが好きな方、アニメーションを知ってみたいという方はぜひ一度訪れてみてください。
[PR]
by smallschool | 2006-10-15 14:46
ご挨拶
皆さん、こんにちは。

こちらのブログではアート・アニメーションのちいさな学校ができるまでの道のりをご紹介していきます。

只今工事中の学校設備、
汗水流して働くスタッフの姿、
そして真剣に授業のミーティングを進める先生方の姿と、
様々な角度から学校の“裏側”をお見せしていきたいと思います。

まったくのゼロから始まったこの学校ですが、今日までに多くの方々との関わりや、手助けを経てようやくここまでの形となりました。

この学校はまだまだ小さな小さな胎児です。
出生予定日は2007年4月!
それまで、わずかずつではありますが、
学校のできあがっていく様子を皆さんも共に見守っていってください。
[PR]
by smallschool | 2006-09-30 23:50


2007年4月開校までの道のりをつづっていきます。

【アート・アニメーションのちいさな学校HP】

↓開校してからの学校日記です↓
【アート・アニメーションのちいさな学校だより】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30