第二回 池田憲章の特撮研究
10月16日(月)完成直後の地下劇場にて開校記念講座第二回池田憲章の特撮研究が行われました。

第二回のテーマは 映画と特殊効果
e0095939_12431010.jpg

MEMO・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.特殊効果は文芸映画の画面作りにも欠かせない

2.失敗から新しい技法が生まれることもある
またブルーバックのように失敗を繰り返しながら進化してきた技法もある。

3.監督のイメージの重要性
ヒッチコックの映画は絵コンテと仕上がりの画面にほとんど差異がない。
構図作りのセンスは絵コンテの段階で決まっている。そして監督のアイディア、要求が特撮を進化させてもいる。

優れた監督は、特撮を使わずに展開によってあたかも特撮のようなカットを作りだしてしまうことも可能である。監督の指示からいかにして画面を取り戻すか?が今後の特撮班の課題でもある。

4.テレビの登場
テレビ誕生の頃の制作者は映画制作者の息子世代。若さ溢れるテレビの世界では映画にはない切り口が生まれ、特撮にも新たな道が切り開かれた。サンダーバードの制作者たち(かつての若者)は、現在の映画技術の第一人者となっている。

5.デジタル手法の原点
まず素材を作りそれを合成する、という特殊効果の作業行程は現代のデジタル技術の手順のお手本となっている。フィルムから学ぶべきことがデジタルにはたくさんある。

6.映画音楽について
音が映画にはたす役割は極めて大きいが、音楽はあくまでも効果音楽であるべき。音楽は決して画面をくってはいけない。


配付資料/参考文献(左から)
e0095939_1363114.jpg
■FILMFAX PLUS [2006 Juil/Sept NO.111 Publisher&Senior Editor Michael Stein]
■映画テレビ技術 1978 3月 NO.307 [社団法人 日本映画テレビ技術協会]
■映画テレビ技術 1978 7月 NO.311 [社団法人 日本映画テレビ技術協会]
■VERTIGO THE MAKING OF A HITCHCOCK CLASSIC [Dan Auiler ST. MARTIN'S GRIFFIN 1998]
■HITCHCOCK'S NOTEBOOKS [Dan Aulier HerperEntertainment 1999]


まだまだ始まったばかりの講座ですが、池田さんと受講者の方々との距離が近づいてきているのを感じました。これからの一年が楽しみです。
次回10月30日(月)のテーマは「ドラマを支える特撮」
同じくアート・アニメーションのちいさな学校地下劇場にて開催予定です。
飛び入り参加もお待ちしております!
[PR]
by smallschool | 2006-10-16 23:28 | ★池田憲章の特撮研究
<< 木・土・緑でつくるライブラリー 杉並アニメーションミュージアム >>


2007年4月開校までの道のりをつづっていきます。

【アート・アニメーションのちいさな学校HP】

↓開校してからの学校日記です↓
【アート・アニメーションのちいさな学校だより】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31