立体コースミーティング
先日の平面コースミーティングに次いで、
10月5日、立体コースのカリキュラムミーティングが行われました。

出席者は左から
真賀里文子さん (人形アニメーター)
保坂純子さん (人形作家)
田村実さん (カメラマン)
e0095939_14275729.jpg
カリキュラムの話合いに先だって、保坂さんが念を押したのは「まずは心震える体験を生徒にしてもらいたい」ということ。

まず体で抽象性を感じること、入学してすぐに授業に入るのではなく、このような体験の機会をもつにはどうしたらいいか、ということが話し合われました。

この日のミーティングではそのほか、
各コースの概要・授業方針、
撮影台など具体的な設備の要望、
夜間コースの概要について話し合われました。

人形アニメーションは、まず人形ありき。そして人形は動かすことを前提につくられます。
立体コースと人形制作コース、互いの連携は欠かせません。
2年次以降は便宜上、立体/人形コースと分かれますが、実際どのように分かれるかは様子を見て先生同志で相談しながら決めていく予定です。


-!-
こちらはミーティングの記録であり、実際に行われる授業とは異なる場合があります。ご了承ください。
[PR]
by smallschool | 2006-10-05 23:11 | ★進捗状況
<< 完成間近 地下劇場 第一回 池田憲章の特撮研究 >>


2007年4月開校までの道のりをつづっていきます。

【アート・アニメーションのちいさな学校HP】

↓開校してからの学校日記です↓
【アート・アニメーションのちいさな学校だより】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31